TOPに戻る

国産のオーガニック化粧品・サプリメント・
オーガニック食品・オーガニックスイーツを
取り扱うアムリターラ公式サイト

食のコラム

食のコラム

みなさまに知っていただきたい“食”に関する情報です。

遺伝子組み換え作物について

種は命の設計図

種、それは植物の情報がすべて詰まっているもの。命の設計図です。そこにあるのはDNA、RNA、そしてその中に含まれる遺伝子情報。その設計図通りに、大豆は大豆になり、薔薇は薔薇になります。
その設計図は突然変異で変わることもありますが、自然にまかせている限りとんでもないものと掛け合わされたりはしません。
品種改良とは、例えば大きな実をつけるけど収穫が少ない品種と、実は小さいけどたくさん収穫出来る品種を交配させて、大きな実をたくさんつける品種を作り出したりすること。最近では品種改良の世界でも、放射線で突然変異を起こしやすくしたりする技術を使い、かなり不自然なものになってきています。
しかしそれでもやはり、品種改良と遺伝子組み換え技術には大きな違いがあります。

遺伝子組み換えの世界

遺伝子組み換えの世界と言うのは、例えばホタルの遺伝子を入れたトルコキキョウ、ヒラメの遺伝子を入れたイチゴやトマト、クモの遺伝子を入れたヤギ、ヒトの遺伝子をいれたコメなど、通常の植物同士の交配を越え、なんでもありの世界です。
一部の大企業が「農薬をじゃんじゃんかけても枯れないように、遺伝子を組み替えよう」とか「殺虫成分を自ら作り出して、食べた虫を殺してしまうような遺伝子を植えつければいい」ということを考えたために、人類は品種改良どころじゃない領域に手を出してしまいました。
栄養価が高くなるわけでもなく、味がおいしくなるわけでもないのです。作物が殺虫成分をどんどん作り出すなど、摂取する私たちの体にとって全然ありがたくもない、こうした遺伝子を不自然に組み替えられた食べ物が体に入ることを、なんとなく気持ち悪いと思っている方も多いと思います。最近では栄養価を上げるような遺伝子組み換え作物も開発されているようですが、その植物に元々なかった成分が出来るように遺伝子操作することで、どのような影響があるかは分かりません。
はたして遺伝子組み換え作物に対する日本の安全性審査はどうなっているかというと、下記のような状況です。

1. 審査自身が輸入者の任意であり、強制力はない。
2. 申請者の提出した書類を審査するのみであり、第三者機関による試験ではない。
3. 組み換えされた作物そのものの摂取試験は実質免除されている。
4. 組み込まれたタンパク質も急性毒性試験のみ。(長期的、慢性的毒性については免除)

遺伝子組み換え種は農薬とセット

遺伝子組み換え作物は、食糧危機を救うというふれ込みでしたが、基本的に農業における「殺虫」や「除草」をしやすくために生まれたと言っても過言ではありません。もともとは殺虫剤や除草剤を遺伝子組み換えの種とセットにして売って、農家さんに薬剤を気にせずたくさん使ってもらって売り上げを上げるために考え出されたことです。
遺伝子組み換えの種を種取りすることは契約で禁じられていますので、毎年新しい種を企業から買わなければなりません。

農薬に耐性のあるスーパー雑草の出現

農薬も肥料も使用しない自然農の農家さんは口を揃えて言います。「虫は理由があってそこに存在している。」と。それを農薬で駆除しても、永遠に続くおいかけっこ。
バランスの整った畑は、特定の虫が大量に発生してしまうことは滅多にありません。
特定の農薬をかけると草は枯れても作物は枯れないように遺伝子を組み替えられた遺伝子組み換えトウモロコシや大豆がありますが、皮肉なことにガンガン農薬を使っているうちに、アメリカではその農薬に耐性があるスーパー雑草が出現するようになりました。
更に、遺伝子組み換え作物の殺虫成分にも耐性を持つスーパー害虫と言うものも出現しているそうです。 例えば「アワノメイガ」という害虫は殺虫性毒素を組み込んだGMトウモロコシで駆除されてきました。ところがその毒に接しているうちに、アワノメイガの幼虫のなかでも生命力の強いものが生き残って殺虫トウモロコシに耐性を獲得し、トウモロコシを食べても死なないスーパー害虫が生まれたそうです。
急速に遺伝子組み換え綿の栽培が広がったインドの綿花栽培の農家では、「コナカイガラムシ」というスーパー害虫が異常発生し、綿の収穫量が減少して大変な問題になっています。
これらを駆除するために、農家はさらに毒性の強い殺虫剤や農薬を大量に散布するという悪循環を繰り返しているそうです。

追いかけっこはいつまで続く?

農薬が減ると言う触れ込みだった遺伝子組み換え作物により、逆にどんどん農薬が増えてしまい、去年見たドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」で私が衝撃を受けたのが、フランスの港で大豆をショベルカーでかき集める作業をしているシーンです。
煙のように白いものが舞っているのですが、それが農薬なのです。もう、景色が見えなくなるほどの農薬の霧です。この大豆は食品として輸入されている大豆だそうです。
作業員は顔を覆う物々しいマスクをつけているのですが、それでもここで働く作業員の発がん率は一般人と比べてものすごく高いそうです。

気になる健康への影響

●フランスのカーン大学の研究チームが行った2年間の実験で、開始から14か月目、非GM(遺伝子組み換え)のエサが与えられ、また除草剤ラウンドアップ非接触のマウス(対照群)では確認されなかったがんの発生が、一方の実験群のメスのマウスでは10~30%で確認された。さらに24か月目では、対照群でのがん発生率は30%にとどまっていたのに対し、実験群のメスでは50~80%と高い発生率となった。また実験群のメスでは早死も多かった。一方オスでは、肝臓や皮膚に腫瘍が発生し、また消化管での異常もみられたそうです。
出典

●2011年にカナダのシェルブルック大学病院センターの産婦人科の医師らが、30人の妊娠女性と39人のまた子どもを持っていない女性から採血して調べたところ、妊娠した女性の93%、胎児の80%、非妊婦の69%から「遺伝子組み換えトウモロコシ」の有毒成分(Cry1Ab)が検出されたという調査結果が発表されました。
出典出典

●豪米の共同研究チームが、専門誌「ジャーナル・オブ・オーガニック・システムズ」6月号に発表した論文によると遺伝子組み換え穀物のみを飼料として与えられたブタは、通常の穀物で育てられたブタに比べ、胃炎を発症する確率が大幅に高いことが分かったそうです。胃炎の発症率は遺伝子組み換え飼料を与えられた方が32%、そうでない方は12%だそうです。雌ブタは、子宮の重さが通常飼料グループに比べ25%重かったことも分かったと書かれているのも気になるところ。子宮の重量が重いという事は、エストロゲンや環境ホルモンの影響が考えられます。
出典

●アメリカ環境医学会では、動物実験や家畜への影響調査で、遺伝子組み換え食品によって生殖関連の障害が発生する可能性が高いと発表しています。遺伝子組み換え大豆を食べたラットの睾丸は正常なピンク色から暗い青色に変色したり、遺伝子組み換えトウモロコシを与えられたラットは、子供の数が少なく、生まれた子供の身体も小さいという実験結果などがあります。
出典

日本での遺伝子組み換え食品の広がり

日本の国では一部の試験農場とバラの花を除き、遺伝子組み換え作物の栽培はされていません。ただ、輸入作物が多い日本では遺伝子組み換え作物は海外から大量に輸入されています。
日本で輸入が許可されているGM植物は、大豆、菜種、とうもろこし、甜菜、じゃがいも、アルファルファ、パパイヤ、綿です。この中でとうもろこしと大豆と菜種が一番多量に私達の口に入っています。
「Btトウモロコシ」という、日本に多く輸入されている遺伝子組み換えトウモロコシは、土壌菌の遺伝子を組み入れた殺虫トウモロコシです。害虫が食べると毒となる殺虫性のタンパク質を作り出して、虫を殺してしまいます。人間の場合は、食べても殺虫性のタンパクは腸で破壊されて排出されるので無害であるという説明がされてきました。
でも上記で書いたように、2011年にカナダのシェルブルック大学病院センターの産婦人科の医師らが採血して調べたところ、妊娠した女性の93%、胎児の80%、非妊婦の69%からこの殺虫性のたんぱく質成分が検出されたという調査結果が発表されています。
ちなみにアメリカのトウモロコシの約85%が遺伝子組み換えで、大豆は約93%が遺伝子組み換えです。
日本の大豆の自給率は約5%でトウモロコシは約1%未満です。日本の輸入大豆の約65%がアメリカからで、約14%がカナダから、トウモロコシの約75%がアメリカからの輸入です。
でも、スーパーでは大豆製品で「遺伝子組み換えでない」という表示のものをよく見ますよね。実はあの表示は別に表示義務ではないのですが、95%遺伝子組み換えでないなら、ああいう風に表示してもいいことになっているのです。本当は「遺伝子組み換え」「遺伝子組み換え不分別」という表示義務があるだけです。

遺伝子組み換えの表示義務があるもの

さて、ではどんなものに表示義務があるのでしょう。
豆腐、油揚げ、おから、湯葉、高野豆腐、納豆、味噌、きな粉など豆類とこれを主原料にする加工品、コーンスナック、コーンスターチ、ポップコーン、冷凍とうもろこし、とうもろこし缶詰ととうもろこしを主原料にする加工品、ポテトスナック菓子、乾燥、冷凍ばれいしょ(じゃがいも)、馬鈴薯粉、ばれいしょを主原料にした加工品、アルファルファを主原料にするもの、甜菜を主原料にするものなどです。
でも、こういう食品を見て、(遺伝子組み換え)という表示のものを、見たことがありますか?なんでないかというと、そう表示すると日本ではほとんど誰も買わないからです。
だから、表示義務があるものに関しては、遺伝子組み替えでないものを使うことが多いのです。

遺伝子組み換え食品はどこにある?

では大量に輸入されているGM作物は、どこに使われているのでしょうか?
そのほとんどが油です。大豆油、コーン油、菜種油、キャノーラ油、そして油が含まれるマヨネーズ、マーガリン、ショートニング(クッキーやパンに入ってます)、そしてガムシロップ、醤油です。そう、油や醤油、酒、食品添加物など、たんぱく質が残らないものには遺伝子組み換えの表示義務がないのです。
それよりもっと、目に見えない所で、たくさん使われているものがあります。遺伝子組み換えのダイズ粕、トウモロコシ、ナタネ粕、綿実粕は、日本の家畜飼料として大量に消費されているのです。これはたんぱく質もDNAも残っていますから、動物の体に取り込まれて、そして人間へマイクロRNAが移行する可能性もあるかもしれません。

表示義務がなく、遺伝子組み換え作物がよく使われているもの

●牛や豚が食べているエサ(混合飼料。GMエサを食べていても肉には表示義務はない)
●コーンシロップ(清涼飲料水やお菓子、加工品に入っているブドウ糖果糖液糖など。表示義務がない)
●大豆油、なたね油、キャノーラ油(表示義務がない)
●しょうゆ(表示義務がない)
●水飴、人工甘味料、乳化剤、添加物など(表示義務がない)
●遺伝子組み換え飼料を食べた動物の糞が、堆肥になって野菜畑へ
●油の加工後の残渣が「食品リサイクル法」で堆肥にされ、野菜畑へ

インドの綿で遺伝子組み換え

今、世界第二位の綿の栽培地であるインドで、遺伝子組み換えの綿が広がっていて、これが在来種やF1種も汚染する勢いです。在来種で種取りしてた時は農薬もいらなかったのに、F1種になって農薬が必要になり、農薬をかけても枯れない、病害虫に強いふれこみで遺伝子組み換えBt綿にどんどん市場を占領されてしまったようです。
ところが、Bt綿は水の管理が難しかったため栽培に失敗する農家が増えて、綿農家の自殺が社会問題になるほど激増しています。
アムリターラでもずっとトライアルセットの巾着を、オーガニックコットンで、フェアトレードでインドで作ってもらっているので、この問題は本当に見過ごせません。

種の支配

遺伝子組み換え(GM)種子を購入した農家は、企業と契約書を交わさないといけないそうですが、その中に「自分の種子を使ってはならない。」という項目があります。
種に企業が特許を取ることが許されているので、その種から勝手に農家が種取りすることを禁じているのです。そして毎年企業から種を買い、その種子を使う農家は高額なライセンス料を支払わないといけません。
そして一度自然界に放たれた遺伝子組み換え作物は、在来種を育てている農場にも花粉が飛んだりして自然交配して遺伝子汚染が起きるケースも多発しています。見た目には変わらなくても、これが広がると「緑の砂漠」となるとも言われています。

命の源である「種」を商品として、大企業に牛耳られること。このことの本当の怖さは、すぐにはピンとこないかもしれません。 種を支配されることは、食物を支配されること
種は命であり、私達の命が誰のものでもないように、種は本来誰の物でもありません。神様からいただいた地球の大切な宝物ではないでしょうか。