TOPに戻る

国産のオーガニック化粧品・サプリメント・
オーガニック食品・オーガニックスイーツを
取り扱うアムリターラ公式サイト

ビューティーコラム

ビューティーコラム

みなさまに知っていただきたい“美”に関する情報です。

アムリターラ流 メイク用品の選び方

メイクとクレンジングはセットで考える

化粧品にはいろいろな役割がありますが、日常紫外線や外気による肌の乾燥や光老化からお肌を守るということは美肌を保つ上でとても大切です。
そのために重要なことは肌のバリア層と言われる皮脂膜や角質層を健全に保つために、合成界面活性剤を含んだ強いクレンジングや洗顔料で顔を洗いすぎないこと、そして皮脂膜を助けるために、良い油や潤い物質、抗酸化物質が配合された美容液やクリームを肌にまとうことがとても大事です。
ただ、優しいクレンジングは優しいメイク用品選びとセットで考えなければいけません。クレンジングだけ肌に優しいものにしても、強いクレンジングでしか落ちないような、ファンデーション、アイシャドー、チーク、口紅、グロスなどを使っていると、そうしたメイク用品の成分が肌に残留して、肌トラブルやくすみを引き起こすこともあります。

シリコーンオイルについて

そもそも、メイク用品はどうしてそんなに強いクレンジングでないと落ちないものが主流になってしまったのでしょうか。
現代のメイク用品には「シリコーンオイル」と「ナノ粒子」が使われているものが、とても多くなっています。「シリコーンオイル」は、「オイル」と付きますが本当は油ではなく、「合成樹脂」で水にも油にも溶けません。ジメチコン、メチコン、シクロメチコン、クロスポリマーなどという成分名があれば、それがシリコーンオイルです。
水をはじく性質があるので化粧崩れを防ぐ目的で配合されたり、ツヤを出したりすべりを良くするために配合されています。油にも溶けにくいという性質からも分かるように、コーティング剤のような存在で、メイクの持ちやツヤを良くしますが、とても皮膜性が強くて、肌に貼りついて落ちにくいというのが最大の欠点です。
紛らわしいのは、シリコーンオイルは「天然由来成分」の範疇に入ること。なぜなら大元は「ケイ素」というミネラル由来なのです。ケイ素を何度も化学反応させて作っている合成樹脂です。現代はテクノロジーで植物からでもプラスチックが作れる時代です。例えばトランス脂肪酸が多いと指摘されるマーガリンも、植物油に水素を添加して作ります。これも天然由来成分です。元が天然だから何でも安心なわけではなく、それを原料に出来上がったものがいったい何なのかが重要だと思います。

ナノ粒子

一方のナノ粒子とは、ナノテクノロジーを利用した技術で、粒子の大きさが100nm以下の超微粒子のことです。メイク用品に使われる顔料であるシリカ、酸化チタン、酸化亜鉛などが、どんどん微粒子化しています。
メイク用品に使用されているナノ粒子の主流は5nm~30nmの超微粒子。SPF値が高いのに透明感がある、使用感の良い製品ができるため、現在使っていないところを探すのが大変なくらいUVカットコスメやメイク用品の主流原料となっています。
大きさがピンと気づらいのですが、インフルエンザウイルスが約80nmですから、ナノ粒子はそれよりも小さいので1つ1つは目に見えません。お肌の細胞と細胞の間が40~60nmなので、皮膚から体内に入り込む可能性があるのです。
各国で行われているさまざまな実験では、例えばマウスの皮膚にナノ粒子を塗布したところ、数分後にはリンパ節でナノ粒子が検出されたといった実験結果が公表されています。ただ、こういった粒子には凝集するという性質があり、通常は単独でなく何個かがくっついた状態で存在しているため、実際は皮膚からは吸収しにくいと言う専門家もいて、意見が分かれています。日焼け後の敏感な肌やバリア機能が弱っている肌の場合、肌から体内に通してしまう可能性もあるという意見もあります。ただ、例え経皮吸収しないとしても、超微粒子は鼻からも口からも吸いこみやすいですし、1つ1つはウイルスサイズなので目に見えないので肌に残留しやすく、残留していても気が付きにくいということは確実に言えると思います。ちなみにこうしたナノ粒子も「天然由来成分」と言えてしまいます。
シリコーンオイルやナノ粒子は、洗い残すと慢性的に肌に残留しやすいのが問題点ですが、落とそうとすると合成界面活性剤たっぷりのクレンジングが必要となり、ゴシゴシこすりすぎると、お肌を傷めて色素沈着も起こしやすくなります。

アムリターラではナノ粒子もシリコーンオイルも使いませんが、使い心地とカバー力を両立させたメイクアップ製品を作っています。シリコーンオイルの代わりに使っているのが、ネイティブアメリカンが日ざしや乾燥から守るために使っていたオーガニックのホホバオイルや、ココナッツオイルにアロエベラを漬込んで作る、まるで軟膏のような通称アロエバターなどです。

タルクの問題

もう1つ気になるのが、「タルク」の問題です。
タルクとトレモライト(アスベストの一種)という鉱物は近い場所に形成されるので、タルクにトレモライトが混じっていることがあるのです。日本でも1986年にベビーパウダーにアスベストが混入していた製品があったため問題になりました。2006年9月には、労働安全衛生法施行令が改正され、それまでアスベスト含有率1%までのタルクは製造出来ましたが、その後は0.1%を超えるものは製造禁止になりました。ただ、タルクとアスベストは基本的に主成分が似ていて、アスベストが含まれていないタルクの中にも微量には針状や繊維状のものが含まれる可能性はあります。
アメリカのチャンドラー博士は、1995年にタルクは卵巣ガンや卵管線維症、不妊の原因となる可能性があると発表しています。タルクに関してはいろいろ見解が分かれていますが、アムリターラでは念のためタルクは使わないようにしています。

合成着色料について

色で彩ることが必須のチーク、口紅、グロス、アイシャドーなどには何の色素を使うかと言う問題があります。
メイク用品の色をつけるのに使用されている合成着色料はタール色素とも呼ばれています。全成分には赤色5号、黄色4号など、○色○号という表示となります。
タール色素は最初石炭のコールタールから作られたのでこう呼ばれていますが、今は石油から合成して作られています。昭和7年に御茶ノ水の佐々木研究所で行った実験で、吉田富三先生、佐々木隆興先生がタール色素をラットの飼料に入れ肝臓ガンを発症させて以来、赤色1号、赤色4号、赤色5号、赤色101号、だいだい色2号、黄色1号、黄色2号、黄色3号、緑色1号など数種類に発がん性が発見され、少しずつ禁止になっていきました。
日本で使用が認められているタール色素は食品で12種類ですが、化粧品成分として許可されているものは、83種類もあります。そのうち口紅に使っていいものは58種類です。これだけを単純に考えても、口紅に許可されているタール色素のうち少なくとも46種類は本当は口の中には入らない方がいい成分です。
ノルウェーやスェーデンではタール色素は全面使用禁止です。日本は先進国の中でも許可されている種類はかなり多いほうです。例えば赤色2号、赤色104号、赤色105号、青色1号、緑色3号など諸外国では発がん性が確認されて使用禁止になっているものも、日本ではまだ使われています。
まぶたは角質層がとても薄いので、バリアの弱い箇所だし、特に気になるのは口紅やグロス。そもそも唇には角質層がほとんどないので、容易に経皮吸収しやすいし、食べものと一緒に口に中に入ってしまうことも多いです。

コチニールやカルミン

また天然色素でピンク色を出すのによく使われる「コチニール」や「カルミン」という色素にも要注意です。ペルー、エクアドル、チリ、メキシコ中南米などに生息するエンジ虫、カイガラ虫が原料の赤色の天然色素です。カイガラ虫のメスは、卵を持つと2倍に膨らみます。卵を生む前に人間が刷毛を使ってかき集め、乾燥させ、すり潰し、水またはエタノールで抽出します。
このコチニール、カルミンに対して消費者庁が2012年に注意喚起を行いました。この背景には、20代の女性がコチニール色素を含むドリンクを飲んだ直後に急性的なアレルギー症状(アナフィラキシーショック)により救急搬送されたニュースが大きく取り上げられたことがありました。その他にもかゆみ、じんましん、発疹、呼吸困難などのアレルギー症状を示した事例報告があります。
これはコチニール色素を抽出する際に、カイガラ虫に含まれるたんぱく質を除去しきれず不純物として残ったものがアレルギーの原因となるそうです。こうした粗悪な原料のメイク用品を使っていた場合、知らず知らずにコチニールアレルギーとなっている場合があり、コチニールはイチゴシロップ、ハムやソーセージ、かまぼこ、ガム、アイスクリームなど食品の着色料にも使われているので、食べたあとアナフィラキシーショックを起こしてしまうというメカニズムです。
アムリターラでは合成着色料やコチニール、カルミンを使わずメイク用品の色を出しています。天然鉱石の中では、100nm以上のマイカやシリカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄を使うほか、農薬を使用しない植物由来の天然色素を使います。
例えばヘマトコッカス藻由来のアスタキサンチンというカロテノイド色素は、きれいなオレンジ色をしています。またむらさき草の根っこの紫根はきれいな赤色を持つとともに、「紫雲膏」などの軟膏の原料でもあります。こうした自然界の色素をグロスの成分として使っています。
またクランベリーという果実の乾燥粉末をチークに使ったり、島根県の「さ姫」、「アップルロゼ」といった美しい薔薇の乾燥粉末を、口紅やアイシャドーの原料として採用しています。こうした自然界の植物が持つ天然色素は、色がきれいなだけではなく、お肌への有効成分でもあることが多いのが素晴らしいのです。

メイク用品の基本は、自分の美しさを出来るだけ引き出したり、欠点をカバーすること。使い心地や仕上がりはもちろん大切ですが、ほとんど毎日肌の上にのせて使うものだから、お肌に負担をかけない成分であることがとても大切だと思います。