TOPに戻る

国産のオーガニック化粧品・サプリメント・
オーガニック食品・オーガニックスイーツを
取り扱うアムリターラ公式サイト

国産オーガニックコスメ アムリターラ > フーズ&ドリンク > > 自然栽培オリーブオイル

自然栽培オリーブオイル

自然栽培オリーブオイル

自然栽培された在来種のオリーブ果実のみを使用し、低温圧搾後に無濾過で瓶詰めした、とてもフレッシュで香り高いEXV(エキストラバージン)オリーブオイルです。

※低温下やクール便配送により油分が凝固することがございますが、品質には問題ございません。常温に戻していただくと液体に戻ります。

TwitterでシェアFacebookでシェア

2 件中 1-2 件表示 


2 件中 1-2 件表示 

味のひとこと

オリーブの果実感が溢れていて、オイルというよりも清涼感のある果汁ソースみたい!
食欲を刺激するグリーンのスパイシーな香味は、ひとかけで料理を変化させる力を持っていると思います。“調味料”としてそのまま料理にかけて味わうべきオリーブオイルです。

原料はイタリアの大自然のもとで自然栽培された、在来種のオリーブの実だけ。
生産者の思いが実った貴重なオリーブ果実の本当の味わいを残すため、最適な時期に収穫し、低温で搾油後、自然分離しただけの無濾過生絞りオリーブオイルです。
良質で新鮮なオリーブオイルならではの果実感の高いフレッシュでキリッとスパイシーな風味は、生搾り果汁の証。
栄養分と香味を残した無濾過製法のため、一滴一滴に味の凝集感があり、濃厚で野性味の溢れる「果汁のソース」となっています。素材にさらっとした旨みと芳醇な香りを与えることができ、和食にもよく合います。
何も足さなくとも濃厚な調味料の風格をもっていて、さっとひとかけするだけで様々なお料理に新たなおいしさが宿ります。本当のオリーブの味を是非ご賞味下さい。

オリーブオイル伝道師 朝倉玲子さん

朝倉玲子

アムリターラ フーズおすすめのオリーブオイルは、イタリアでもほとんど存在しない「自然栽培オリーブ(無肥料または緑肥のみで農薬不使用栽培)」を使用したオイルです。
栽培から瓶詰めまでの生産を主導したのは、なんと日本人の朝倉玲子さん。イタリアには野生という概念はあっても、自然栽培という考えはあまり浸透していないそうです。
朝倉さんが初めてオリーブオイルを口にしたのは19歳の時。
日本に出回っていた、良質とは呼べないオイルを食べて以来、オリーブオイルが苦手になりました。しかしその後10数年経ち、イタリアで農家の搾りたてエキストラバージンオリーブオイルに出会い、その感動の味わいにすっかり心打たれてしまったのです。

朝倉さんはこう話しています。
「私がイタリアで味わった感動は、決して私一人の特別な体験ではないはず。多くの日本人が感じる共通の感動であるはずだと強く思いました。1人でも多くの方にその感動をお伝えするのが私の仕事だと、いつも考えています。」
「私は現地でオリーブオイルの素晴らしさに開眼し、職業としてオリーブ販売の道を志し、自分自身の足で、自分のこだわりに合うものを探し続けました。」
また、自然栽培に関してはこのようにおっしゃっています。
「植物はそれぞれに原産地があり、その気候風土の環境に適応し、種を増やしてきました。自然栽培は、できるだけその植物の原産地を理解した上で、好ましい自然環境を人間が作ること。環境を整えたら剪定や収穫をして、育った分をある程度取り除くことで植物の成長・環境を一定にしてあげる。植物本来の性質を最大限に尊重しつつ、環境作りを人間がすること。これが自然栽培だと思います。」
「収穫量は、慣行栽培や有機栽培よりもやや劣るものもありますが、植物と土地環境に負荷をかけないので、地球規模で出来るこれからの新しい農法だと私は思います。」
「土地の財産である昔からの品種は貴重で、そういった在来種の野性味があり滋養に富んだ味覚は受け継いでいかなければなりません。」
取り扱うオリーブの品種は全て在来種です。

フレッシュ“オリーブ”フルーツジュース

オリーブを搾っています

無濾過製法では、オリーブ果実を搾り、ゆっくりと果肉を沈殿させ上澄みのクリアなものを瓶詰めします。静置沈殿を適切に行わない場合、この果肉がオイルを変質させる原因になる為、通常はフィルターをかけて完璧に濾過する場合がほとんどです。しかし、このフィルターはおいしさにつながる微量成分までも取り除いてしまう為、本物にこだわった生産者は濾過を行わないことが多いとのこと。
無濾過のオリーブオイルはフレッシュ感が強く、香りや辛味のスパイシーさが際立っています。ピリッとした辛味や苦味が感じられたりもしますが、これは鮮度が高いだけでなく無濾過によって成分が濃厚な証拠といえます。

限定 アックアサンタ

アックアサンタ

生産者アントネッラさんは、自然とともに暮らし自然を尊重した生き方をしたいがために、大都会ミラノからオリーブ畑付きの土地「アックアサンタ」に移り住み、娘とともにオリーブ栽培をはじめました。
娘のバルバラさんは、“わら一本”の自然農で有名な福岡正信氏に直々に自然農法について学んだイタリア人です。現在、自分の農園でそれらを実践しており、イタリアはもちろんヨーロッパ各地で、福岡氏の提唱する自然農法を伝える「泥ダンゴセミナー」を開催するなど、自然農法の普及にも携わったとのこと。
広葉樹の森に囲まれた野性的なオリーブ畑はイタリア中部以南にあり、オリーブの産地としてはとても稀な環境です。森からの恩恵で、植物を含め生きるもの全てが共存しています。降った雨が、土や落ち葉を湿らせ微生物の「巣」となり土が豊かになります。そこに昆虫が集まり、それを餌にする鳥や小動物その他が集まってきます。オリーブ被害の大敵とされるオリーブバエに対しても、森の中に集まる益虫のお陰で農薬を使う必要がありません。
太陽のエネルギー、聖なる山の水、そして豊かな土による自然のサイクルの中では、人間の力はほとんど必要無く、オリーブの木々は存分に育つことが出来るのです。
アックアサンタは、そんな森の中で出来た健康なオリーブの実から作られます。

味わい:森に生える野趣溢れるオリーブの実の濃厚な風味が伝わり、そのままでソースになります。フルーティーで深みがあり、ミネラル分の強い味わいです。
できれば生で、素材にふりかけるように調味油としてお使いください。

“アックアサンタ”とは?

イタリア語でアックア(Acqua-水)サンタ(Santa-聖なる)という意味です。
「聖なる水」と名づけられたこの湧き水・アックアサンタから、この地名で呼ばれています。アントネッラさんは家の近くの小川にあるこの湧き水を汲み、飲み水に使用しています。

無肥料・自然栽培について

限定 オルチョサンニータ あらしぼり

オリーブの実

年に1度、限られた期間しか味わえないオリーブオイル・オルチョサンニータの「あらしぼり」。
自然栽培在来種オリーブ果実のみを使用した、通常の「オリーブオイル・オルチョサンニータ」は、秋にとれたオリーブ果実をその日の内にしぼり、タンク内で微細な果肉をゆっくり沈殿させクリアな上澄みを瓶詰めするのですが、「あらしぼり」は、果肉が沈殿しきる前にあえて果肉入りで瓶詰めしているため、オリーブの特徴が余すところなく詰められています。
まるでワインの「ボジョレー」のように、しぼりたてのフルーティーさやフレッシュ感が強く、香りや辛味のスパイシーさが際立っており、荒々しくも繊細な味わいが醍醐味となっています。健康を気遣う方へのギフトにも喜ばれます♪
どうぞこの時期だけの、特別な味わいをご賞味ください。

※圧搾時に果肉はすり潰されるため、果肉として形をのこしているわけではありません。

無肥料・自然栽培について

オルチョサンニータ

アサクラ農園開花

生産者のジョバンナさん一家は、代々オリーブ栽培を営む農家。8haの畑で自然栽培により3,000本以上のオリーブの木を栽培しています。
イタリア南部のカンパーニャ州ベネヴェントの在来品種であるオルティチェ・レッチーノ・フラントーイオというオリーブの木を、緑肥のみ与える自然栽培で育てています。
海抜230m、海から約60kmの距離に位置する丘陵地帯での小規模の畑は、中高地のため海からの湿った空気が届かず、オリーブバエの発生や病害を抑制しやすく、自然栽培を行うのに恵まれた土地柄です。

シ_ョハ_ンナさん家族

現地の畑はゆるやかに勾配のある地形で、まるで石畳の様に石がごろごろしています。こういった水はけの良い条件で、しっかりと根を張るオリーブの木になる果実は、味に力強さと凝縮感がでるとのことです。
収穫は完熟する一歩手前のオリーブ果実を手摘みします。その後に速やかに搾油工場に運ばれ、熱を一切加えずに果実をつぶして搾油し、フィルターをかけずに3ヶ月間自然分離させます。そのため新鮮なオリーブ果実の風味、旨み、栄養分をそのままお楽しみいただけます。 フルーティーで菜の花のような香りが特徴です。

“オルチョサンニータ”とは?

「オルチョ」はオリーブを入れる素焼きの壷、「サンニータ」は古代この地に住んでいた部族の名前で「サンニータ族のオリーブの壷」という意味です。




オリーブの起源

オリーブの木 オリーブの木はモクセイ科の常緑樹であり、野生種と栽培種とがあります。
野生種は古来より地中海沿岸からアフリカ北岸一帯に自生しています。この野生種は、今から6000〜8000年程前に栽培されるようになり、それが現在の栽培種の起源となったとされます。
オリーブの起源は実は小アジアとされ、シリアからトルコを経てギリシャへと拡がりました。イラン高原やシリア、パレスチナ周辺の地中海沿岸部地域から拡がり、キプロス島からトルコ方面へ、またクレタ島からエジプト方面へと2方向に拡がったとされます。
長い間、地中海近縁地域を中心に食されてきましたが、イタリアだけで、オリーブ果実の品種は700種も有るといわれています。

酸度とは?

酸度とは、脂肪中に存在するグリセリンと脂肪酸が分離した度合いのことです。
オリーブオイルの酸度が高いということは、オイル中の遊離脂肪酸が多いということです。分離(遊離)した脂肪酸は酸化しやすい為、酸化度合いの尺度とされることがあります。
また、その度合いによって、油のグレードが設定されることもありますが、果実の青い早摘は数値が低く、熟した実は値が大きくなる傾向にあります。