アムリターラは、国産フィトエナジーオーガニックコスメこだわりのオーガニック化粧品です

HOME > 食品 > > アサクラ オリーブオイル

アサクラ オリーブオイル

アサクラ オリーブオイル

自然栽培在来種オリーブ果実のみを使用し、低温圧搾後に無濾過で瓶詰めした、とてもフレッシュで香り高いEXV(エキストラバージン)オリーブオイルです。

低気温やクール便配送により油分が凝固することがございます。
品質に問題ございませんので、ご了承ください。
常温に戻して頂くと液体に戻ります。

TwitterでシェアFacebookでシェア

1 件中 1-1 件表示 


1 件中 1-1 件表示 

味のひとこと

オリーブの果実感が溢れていて、オイルというよりも清涼感のある果汁ソースみたい!
食欲を刺激するグリーンのスパイシーな香味は、ひとかけで料理を変化させる力を持っていると思います。

原料はイタリアの大自然のもとで自然栽培された、在来種のオリーブの実だけ。
生産者の思いが実った貴重なオリーブ果実の本当の味わいを残すため、最適な時期に収穫し、低温で搾油後、自然分離しただけの無濾過生絞りオリーブオイルです。
良質で新鮮なオリーブオイルならではの果実感の高いフレッシュでスパイシーな風味は、生搾り果汁の証です。
栄養分と香味を残した無濾過製法のため、一滴一滴に味の凝集感があり、濃厚で野性味の溢れる「果汁のソース」となっています。素材にさらっとした旨みを与えることもできます。和食にもよく合います。
何も足さなくとも濃厚な調味料の風格で、さっとひとかけするだけで、様々なお料理が新たな逸品へと生まれ変わります。搾油日がはっきりしたオイルを現地で元詰し、低温管理輸送しています。
本当のオリーブの味を是非ご賞味下さい。

オリーブオイル伝道師 朝倉玲子さん

朝倉玲子

アムリターラ フーズおすすめのオリーブオイルは、イタリアでもほとんど存在しない「自然栽培オリーブ(無肥料または緑肥のみで農薬不使用栽培)」を使用したオイルです。
栽培から瓶詰めまでの生産を主導したのは、なんと日本人の朝倉玲子さん。イタリアには野生という概念はあっても、自然栽培という考えはあまり浸透していないそうです。
朝倉さんが初めてオリーブオイルを口にしたのは19歳の時。
日本に出回っていた、良質とは呼べないオイルを食べて以来、オリーブオイルが苦手になりました。
しかしその後10数年経ち、イタリアで農家の搾りたてエキストラバージンオリーブオイルに出会い、その感動の味わいにすっかり心打たれてしまったのです。

感動のオリーブオイルの味を知ってもらいたい

朝倉さんはおっしゃっています。
「私がイタリアで味わった感動は、決して私一人の特別な体験ではないはず。多くの日本人が感じる共通の感動であるはずだと強く思いました。1人でも多くの方にその感動をお伝えするのが私の仕事だと、いつも考えています。」
「私は現地でオリーブオイルの素晴らしさに開眼し、職業としてオリーブ販売の道を志し、自分自身の足で、自分のこだわりに合うものを探し続けました。」
また、自然栽培に関してはこのようにおっしゃっています。
「植物はそれぞれに原産地があり、その気候風土の環境に適応し、種を増やしてきました。自然栽培は、できるだけその植物の原産地を理解した上で、好ましい自然環境を人間が作ること。
環境を整えたら剪定や収穫をして、育った分をある程度取り除くことで植物の成長・環境を一定にしてあげる。植物本来の性質を最大限に尊重しつつ、環境作りを人間がすること。これが自然栽培だと思います。」
「収穫量は、慣行栽培や有機栽培よりもやや劣るものもありますが、植物と土地環境に負荷をかけないので、地球規模で出来るこれからの新しい農法だと私は思います。」
「土地の財産である昔からの品種は貴重で、そういった在来種の野性味があり滋養に富んだ味覚は受け継いでいかなければなりません。」
取り扱うオリーブの品種は全て在来種です。

フレッシュ“オリーブ”フルーツジュース

オリーブを搾っています

無濾過製法では、オリーブ果実を搾り、ゆっくりと果肉を沈殿させ上澄みのクリアなものを瓶詰めします。
適切に行えない場合はこの果肉がオイルを変質させる原因にもなる為、通常はフィルターをかけて完璧に濾過する方が無難だといわれています。
しかし、このフィルターはおいしさを導く要素や微量成分までも取り除いてしまう為、本物にこだわった生産者は行いません。
無濾過のオリーブオイルはフレッシュ感が強く、香りや辛味のスパイシーさが際立っています。ポリフェノール等の抗酸化物質が豊富で、ピリッとした辛味や苦味が感じられたりもしますが、これは鮮度が高く、成分がぎゅっと詰まっている証拠。
中身の濃い良質なオリーブオイルは、成分が複雑に引き立て合い、辛味や苦味と共に力強くおいしいのです。

オリーブの起源

オリーブの木

オリーブの木はモクセイ科の常緑樹であり、野生種と栽培種とがあります。
野生種は古来より地中海沿岸からアフリカ北岸一帯に自生しています。この野生種は、今から6000〜8000年程前に栽培されるようになり、それが現在の栽培種の起源となったとされます。
オリーブの起源は実は小アジアとされ、シリアからトルコを経てギリシャへと拡がりました。イラン高原やシリア、パレスチナ周辺の地中海沿岸部地域から拡がり、キプロス島からトルコ方面へ、またクレタ島からエジプト方面へと2方向に拡がったとされます。
長い間、地中海近縁地域を中心に食されてきましたが、イタリアだけで、オリーブ果実の品種は700種も有るといわれています。

オリーブオイルの偽装?

市販の一部オリーブオイルには、偽装の問題があると言われています。
前年度のタンクに残ったオリーブオイルを今年度のオイルに混ぜることがあるというのです。EUの規約により、賞味期限のカウントを製造(搾油)の日からではなく、瓶詰めの日から設定することが可能なのです。
朝倉さんのオリーブオイルは、搾油された旬のオイルのみを瓶詰めしています。
その他にも、表示を偽り溶剤抽出されたり、安価な精製オイルを混入させることもあるようですが、本物のエキストラバージンオイルからは、オリーブ果実の風味や苦み・辛みを感じることができます。
この苦みや辛みは決して品質の劣化ではなく、オリーブそのままの性質が含まれた鮮度の高い1級品の証ともいえるのです。

酸度とは?

酸度とは、脂肪中に存在するグリセリンと脂肪酸が分離した度合いのことです。
オリーブオイルの酸度が高いということは、オイル中の遊離脂肪酸が多いということです。分離(遊離)した脂肪酸は酸化しやすい為、酸化度合いの尺度とされることがあります。
また、その度合いによって、油のグレードが設定されることもありますが、果実の青い早摘は数値が低く、熟した実は値が大きくなる傾向にあります。

オリーブオイル輸送の方法

空輸の場合、低温下でオイル自体が凍結し、風味が劣化する可能性がある為、品質の安定に一番適した船便によるリーファー輸送(低温管理輸送)を行っています。

自然栽培 在来種 オルチョサンニータ

アサクラ農園開花

イタリア南部のカンパーニャ州ベネヴェントの在来品種オルティチェ・レッチーノ・フラントーイオというオリーブの木を、緑肥のみ与える自然栽培で育てられます。
「オルチョ」はオリーブを入れる素焼きの壷、「サンニータ」は古代この地に住んでいた部族の名前で「サンニータ族のオリーブの壷」という意味です。

オルチョサンニータの特徴

シ_ョハ_ンナさん家族

生産者のジョバンナさん一家は、代々オリーブ栽培を営む農家。8haの畑で無農薬・無化学肥料栽培により3,000本のオリーブの木を栽培しています。
海抜230m、海から60kmの距離に位置し、丘陵地帯での小規模の畑です。中高地の為、海からの湿った空気が届かず、オリーブバエの発生や病害が抑制できる、有機栽培を行うのに恵まれた土地柄です。
ゆるやかに勾配のある地形で、石がごろごろしています。まるで石畳の様です。そのような水はけの良いところでしっかりと根を張る力強いオリーブの木ですから、果実には水分以外の成分も凝縮しています。
完熟する手前のオリーブ果実を手摘み収穫し、遅くとも10時間以内に搾油工場に運ばれ搾油されます。
搾油には、熱を一切加えずに果実をつぶして低温で遠心分離後、フィルターをかけず3ヶ月かけて自然分離させます。
新鮮なオリーブ果実の風味、旨み、栄養分をそのままお楽しみいただけます。
オイルの風味・味・色は収穫時期に左右されます。
オルチョサンニータは、完熟させず一歩手前で収穫しますので、栄養学的にもポリフェノールを最も含んでいるとされるタイミングでの搾油となります。
オイルの色はカロテンをたっぷり含んだ黄金色。
フルーティーで菜の花のような香りがします。

無肥料・自然栽培について