アムリターラは、国産フィトエナジーオーガニックコスメこだわりのオーガニック化粧品です

HOME > 食品 > 米・雑穀 > 熊本 自然栽培 冨田榮一さんのお米

米・雑穀

熊本 自然栽培 冨田榮一さんのお米

熊本 自然栽培
冨田榮一さんのお米

川の最上流に位置しミネラル豊富な山の湧水だけが流れ込む、とても美しい棚田で栽培されたお米です。

TwitterでシェアFacebookでシェア

味のひとこと

口に運ぶのが思わずうれしくなるような上質な味わいです。
きれいな水で育ったきれいなお米らしく、炊きあがりが非常につややかで、香りが立っています。

熊本県菊池市の八方ヶ岳に囲まれた標高250mの棚田で育った自然栽培の棚田米。
小木川の最上流に位置し、生活排水が入り込むことなく、ミネラル豊富な山の湧水だけが流れ込む、とても美しい棚田で出来るお米です。毎年「ヒノヒカリ」を種取りして栽培しています。
ほど良い粘りとモチモチ感のある食感には定評があるヒノヒカリですが、山が育んだミネラル豊富な美しい水で育った棚田米は、格別のおいしさ。ぜひ味わってみて下さい。

小木川の最上流にある棚田

熊本県菊池市龍門の小木地区。八方ヶ岳に囲まれた、標高250mに冨田榮一さんの棚田があります。
八方ヶ岳は菊池市の北方、菊鹿町に跨る火山で、八方から眺めても一様な形であることから名づけられた山です。花崗岩と古琉球火山帯に属する安山岩が山を覆い、岩を滑るように清流が流れています。
冨田さんの棚田は、阿蘇溶岩を浸食した原生林の茂る菊池渓谷の源流、菊池川水系迫間川の更に上流である小木川の最上流にあります。小木川には、高城山から長い年月かけて湧き出た美しい湧水が流れていますが、田んぼにはこの水だけが流れ込みます。冨田さんの棚田の上には民家がなく、生活排水が一切入り込みません。
菊池市七城町の砂田米は、砂地で育ったおいしいお米であるがゆえに、「天下第一の米」と言われ、将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。この小木地区も、田んぼに砂が混ざった独特の土壌で、水はけが良く、山が育んだミネラル豊富な湧水にも恵まれ、お米作りにとても適した土壌です。
「小さい頃から、うちで作ったおいしいお米を食べて育っとるけん、どこのお米を食べてもそんなうまいと思わん。」
冨田さんは、こう話してくれました。

稲作カレンダーへの疑問

冨田さんも一昔前は、慣行栽培と言われる除草剤や農薬を使うお米作りをしていました。
「農協がくれる稲作カレンダーというのがあります。昔はその通りにやっとりました。この時期に除草剤を撒いて、この時期に殺虫剤を撒くってね。だけど、農薬が体に悪いのは分かっていました。それに、子供の頃おったホタルも、他の虫たちもすっかり減ってしまったしね。」
農薬や除草剤を使う稲作に疑問を抱いた冨田さんや、この地域の農家さんは、平地で増え始めたジャンボタニシを少し連れてきて、田んぼに放ったそうです。
ジャンボタニシは、草は食べますが、ある程度成長した稲は食べない為、除草剤を使わなくて済むようになりました。

川にホタルが戻ってきた!

「よく考えたら、別に殺虫剤を使わんでもお米は出来るんですよ。害虫もそんなにおらんしね。稲作カレンダーの通りにやっただけでは意味がないと思って、これもやめてしまった。」
冨田さんが殺虫剤をやめた頃、周辺のお米農家さんたちも農協にお米を出荷せず家庭用のお米だけを作るようになり、ほとんどの農家さんが農薬の使用をやめていきました。
除草剤や殺虫剤、化学肥料をやめた後もお米の収量は変わらず、とてもおいしいお米が出来ました。そして、大きな変化が1つあったそうです。
「ホタルが戻ってきたんですよ。除草剤や殺虫剤をやめたことで、ホタルが食べる「こひな」という虫が増えたとです。「こひな」を食べてホタルは成虫になるけんね。自然界というのは、すべて繋がっとるとです。毎年6月になると、小木川沿いがホタルだらけで、まるで天の川なんですよ!」
今ではジャンボタニシだけでなく、子供の頃いた日本タニシも見かけるようになったそうです。

自然栽培によって、さらなる味の高みへ

それからというものの長い間、有機栽培をしていた冨田さん。今では肥料も使用しない自然栽培でお米を作っています。
元々土壌も良く、水もミネラル豊富なので、更においしいお米が育つと確信する冨田さんです。

ヒノヒカリ

「コシヒカリ」と「黄金晴」の交配によって生まれた水稲うるち米です。
子供である「ヒノヒカリ」は親譲りの食味や育てやすさ、収量を持ち合わせた光輝く品種となったのです。
やや小粒で、粒に厚みがあり全体的に丸みをおびたお米です。炊き上がりは、ふっくら艶があり、きらきらと輝いています。
食味は非常に良く、ほど良い粘りとモチモチ感に加え、香りと甘味が調和した、バランスのとれたお米です。味の主張をし過ぎないので、毎日食べても飽きがこないのが人気の理由と言えます。また、冷めてもおいしいくパサつかず艶があるので、お弁当にも最適です。どのような料理にも合う、九州育ちの自慢の品種です。

精米生活のすすめ 無肥料・自然栽培について