アムリターラは、国産フィトエナジーオーガニックコスメこだわりのオーガニック化粧品です

ヘルシーコラム

ヘルシーコラム

みなさまに知っていただきたい“健康”に関する情報です。

ミネラルと私たち

ミネラルとは?

あらゆる物質は元素から出来ています。元素とはそれ以上分割できない細胞の分子の構成要素のことで、数えられているだけでも120近く存在しているとされます。
例えば酸素、炭素、水素、窒素などが主要元素で、人間の体の約95%がこの4つの元素でできています。身体の水分、たんぱく質、脂質、炭水化物などの有機物はこれらの元素からできているのです。
このように、人体を構成するために必要なものを必須元素と呼び、この必須元素の中から酸素、炭素、水素、窒素を除いた元素がミネラルです。
ミネラルは体の中では約5%の構成比ですが、体内で合成することが出来ないので必ず外から摂取する必要があります。 「全ての病気を追及するとミネラルの欠乏に行き着く」といわれます。
ミネラルは身体でビタミン、アミノ酸、糖、脂肪などのあらゆる栄養素や酵素が働くために必要です。また、細胞の浸透圧調整やその他の生命維持機能にも欠かせない重要な元素です。
そのため、日常の健康的な食事やサプリメントから十分な量と種類のミネラルを摂取することが何よりも大切です。ミネラルは体内で合成できないにも関わらず、体内のありとあらゆる生命機能に関わってくるからです。

☆ミネラルの主な働き☆
1、骨や歯や血液などを作る
2、体内でビタミンやホルモン、酵素を合成するための成分
3、酵素の働きをサポートする「補酵素」として働く
4、神経の情報伝達や、筋収縮、体液の浸透圧の調整に必要
5、体内のSOD酵素はミネラルとたんぱく質で構成される

☆ミネラルの主な種類☆
ミネラルは1日の必要量によって大きく「主要ミネラル」と「必須微量ミネラル」に分けられます。1日におよそ100mg以上必要とされるのが主要ミネラルで、それ未満が必須微量ミネラルです。※これ以外にも身体機能にとって必要とされるミネラルは数十種類におよびます。
・主要ミネラル
 カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム
・必須微量ミネラル
 鉄、銅、亜鉛、コバルト、ヨウ素、マンガン、セレン、モリデブン、クロム、フッ素

☆ミネラルの不足で起こりやすい症状☆
動悸、息切れ、疲れ、肌荒れ、無気力、集中力の欠如、イライラ、筋肉の硬化、骨密度低下、代謝力低下、むくみ、アレルギー、発育不全、便秘、貧血、めまい、免疫低下、味覚異常、など

しかし残念なことに、現代において不自然な方法で栽培された野菜や、精製された穀物などにより、十分な量と種類のミネラルの摂取が難しくなり、人工的な添加物によってさらに体内のミネラルが欠乏傾向にあると考えられるのです。
ミネラルは100種類以上あるとされ、私たちの生命活動を総合的にサポートするためには多種類のミネラルをバランスよく摂取することが重要だとされます。

ミネラルは全体性が鍵

ミネラルは、大地を構成する元素であり、海水のエッセンスでもあります。まさに万物の土台であり、はじまりともいえるので、当然私たち人間にとっても切り離せない要素なのです。
人間には70種類以上のさまざまな種類のミネラルが大切とされ、1つでもバランスが崩れると、他の種類のミネラルがどれだけ足りていても全体の効率が悪くなるとする声もあるほどです。
これは、お風呂の桶にたとえられます。横並びに1枚1枚の木板で組み合わされた風呂桶に水が張られていたとします。その中のたった1枚の木板が外れたとすると、すき間から中の水が流れ出てしまいます。仮に中の水が「健康」だとすると、たった1枚の板が不足しただけで健康が損なわれてしまいます。これは故ロジャー・ウィリアムス博士が提唱したことで有名な「生命の鎖(輪)理論」にも通じる考えで、人間の身体に必要とされる栄養素が互いに補い合う機能関係のなかでどれかが1つでも欠けると全体としての連携がとれなくなり、調和を崩すという考えです。この考えは、摂取する絶対量としては圧倒的に少ない微量ミネラルのような栄養素に対しても当てはまります。

毎日の食事でいえば、天然だしや発酵食品、梅干し、梅肉エキス、種子類、雑穀類などでカルシウムやマグネシウム、カリウムといった主要なミネラルや鉄、亜鉛、銅、マンガン、セレンなどの微量ミネラルといわれる必須元素が摂取できます。また微量ミネラルは、必須とされるものとそうでないものとに関わらず、種類やバランスにより作用が大きく異なり(相乗作用)、総合的に生命活動をサポートするためには多種類のミネラルを摂取することが何よりも重要なのです。
そのためには、食事だけでは補いきれないその他の幅広い種類の微量ミネラルを、サプリメントなどで毎日きちんと摂りいれることもおすすめです。

現代におけるミネラル事情

過去数十年の間に世界の各地の大陸で、約7割~8割、多くて約9割も土壌ミネラルが失われているとの発表があるそうです。日本においても野菜に含まれるミネラルの大幅な減少などにその変化があらわれています。ほうれん草の鉄分を例にあげると、60年前と比べ約80~90%も含有量が減っているそうです。他の野菜に関しても同様だといえるでしょう。
野菜などの植物を食べて育つ動物への影響は避けられません。
これは化学肥料などの使用によって、土中のミネラルバランスが崩れてしまっているのも原因のひとつとされます。植物は二酸化炭素を使って、でんぷん・糖・アミノ酸・ビタミンなどを合成します。しかし人間と同じようにミネラルを合成することはできないため、植物は土壌からミネラルを吸収する必要があります。化学肥料を用いると見た目は立派に大きく育ちますが、その反面、ミネラルなどの栄養素を土中から吸収する能力が弱まってしまうと考えられます。
昔と比べて野菜などの農産物から摂取できるミネラルの量が圧倒的に少なくなっているとされるのです。

ミネラル不足と問題点

また、市販されている多くの加工食品(缶詰、お弁当、レトルト食品、練り物、ハムやソーセージ、ラーメン、和菓子、洋菓子、そしてほとんどの冷凍食品)に重合リン酸塩と呼ばれる添加物が使われるようになったことも問題とされます。重合リン酸塩は品種改良剤として食感をよくしたり、変色防止、保水性向上などを目的として幅広く使用されますが、食べ物のさまざまなミネラルと結びついて不溶性の化合物となり、腸内で吸収できなくしてしまいます。
ここで問題なのは、カルシウムやマグネシウムなどの主要ミネラルは、基本的に食事から摂取する絶対量が多いため、重合リン酸塩によって全部が排出される可能性は少なく、また摂取する機会も比較的多いとされますが、微量ミネラル(特に必須微量ミネラル)のように絶対量が少なく、食事からの十分な摂取が難しいものに関しては、吸収量が極端に減ってしまい、前述の“木桶の例え話”にあるような健康を損なう原因となるのです。これは大きな問題です。
要するに、現代においてあらゆるミネラルをバランスよく食事から摂取し、潜在的な欠乏を防ぐのは難しくなってきているということです。
さまざまな身体機能に関わるミネラルという要素は、多種類でチームワークのように働きます。もちろんそれは、他の栄養素をサポートするということにつながります。
ミネラルは、毎日の食事でおぎなう他のありとあらゆる栄養素とも協力しあって全体のバランスを保ち、総合的にイキイキとした美しく健康的な生活を送るための根源要素と呼べるのです。