アムリターラは、国産フィトエナジーオーガニックコスメこだわりのオーガニック化粧品です

ヘルシーコラム

ヘルシーコラム

みなさまに知っていただきたい“健康”に関する情報です。

身近にある汚染

「原因がわからないけど、なんだか体とお肌の調子が冴えない…」
有害物質は、普段から十分に気をつけていても私達の知らない間に少しずつ体内に取り込まれ蓄積されているといわれます。有害物質は、例え健康上すぐには問題のないレベルの量であっても、蓄積されていって長い間体内に留まるということが心配です。
コップに少量の水を注いでいくと、どれだけ少しずつであってもいずれは満杯になってあふれ出してしまいます。有害物質が体に蓄積するということは、こんな感じかもしれません。人間の体は、有害物質を取り込んでも一定の量までは目立った症状が出にくいため、健康に悪影響を受けていることを気づきにくいとされます。しかし一度許容量を超えてしまえば、不調となって症状があふれ出す可能性があるのです。そして満杯になったコップには、どんな良いものであっても入れることが難しいのです。
新たな栄養を取り入れる前に、まずはその吸収の妨げとなる不要なものを排出させることが重要です。そして体内の環境がスッキリすることで、体とお肌の不調がクリアな方向に進みます。

環境省が2011年に行った「ダイオキシン類をはじめとする化学物質の人への曝露量モニタリング調査(全国の調査対象地域に住む40~59歳の人の尿・血液を調べ、体内における化学物質の蓄積度を調査したもの)」によると、健康な人であっても、有害物質とされるPCB、水銀、鉛、有機リン系農薬などの化学物質が体内に蓄積しているとわかったそうです。
心配ないと思っていても、知らず知らずの内に体内に有害物質が溜まっていき、気づいたときには心身の不調となって表れるかもしれません。
例えると、コップに水(毒)が溜まっていく(蓄積)と、いくら少量ずつでもいずれは水があふれ出します(症状)。そして一度あふれてしまうと、コップの水を捨てない限りはあふれ続けてしまいます。
さらにいくつかの有害物質が同時に蓄積されることで、悪影響が起きる速度も速くなります。そしてそれらの物質が組み合わさることで体内での悪影響が何倍にも増幅する可能性があり、複合汚染となってしまうのです。
異なる種類の薬剤同士を混ぜるととても危険な有毒ガスが発生することがありますが、同じように体内に入った複数の有害物質がどのような反応を示すかということは未知数であり、仮に単体での悪影響が少なくても、組み合わさることでの安全性の検証がされていないものも多いのです。
特に体の小さな子供の場合は、大人のような解毒力を持ち合わせていない部分が大きいため、より深刻だとされます。
ある調査によると、新生児のへその緒を調査分析したところ、調査対象となった赤ちゃんのほぼ100%からダイオキシン、PCB、DDEなどの有害物質が検出されたとのことです。
これは母親の体内に蓄積されていた有害物質が胎児に移行したと考えられています。
母親の胎盤には胎盤関門という、病原菌や自然界の毒が胎児に影響しないように防御する仕組みが備わっています。しかし、ダイオキシンやPCB、農薬類、カドニウム、水銀などの化学物質・有害重金属はこの胎盤関門を通過してしまう可能性が高いのです。
もし、生まれる前から体内に有害物質を蓄積している赤ちゃんは、先のコップの例えに従えば、すでにかなりの水が注がれてしまっている可能性もあるのです。
日本人は水銀の体内濃度が高いといわれています。

<私達が有害物質を体内に取り込むきっかけ>

・日用品や設備との接触
 ペンキ、絵の具、殺虫剤、殺菌剤
・食品
 食品添加物、農薬
・ミネラルウォーター
 硝酸性窒素
・汚染された空気
 大気汚染、放射能、排気ガス、受動喫煙など
・水道水
 老朽化した水道管による鉛、放射性物質

●私たちが知らず知らずに摂取する有害物質の話

過去(蓄積毒)~現在(環境毒)
・空気

放射性物質 PM2.5 排気ガス 建材の揮発性物質 受動喫煙 防虫剤・殺虫剤のヒ素
1本のタバコには約1.0~2.0μgの鉛が含まれ、そのうち主流煙中に約2~6%、副流煙中に約10~16%の鉛が含まれるといわれており、喫煙者本人だけでなく周囲への影響が大きいとされます。車の排気に鉛除去装置が義務づけられる以前に排出された鉛は、現在も影響を与え続けているようです。

・水道水

古い水道管(鉛管) 放射性物質
築年数の古い建物の多くはジョイント部分に鉛が使われ、飲用水に入り込む可能性があります。

・歯の詰め物

アマルガムの水銀 レジンのBPA 銀歯のパラジウム
アマルガムは約50%が水銀でできているとされます。口内で微量の水銀が溶けだし、血液中にとりこまれて全身に回り、脳や腎臓、消化管などに運ばれ組織に蓄積します。スウェーデンではアマルガム使用は全面禁止となっています。

【調理器具】

テフロン プラスティック 陶製食器の釉薬
陶器の上薬である釉薬には鉛やカドミウムを含むものがあります。

【食べ物】

・魚介類の生態濃縮
特に大型魚は、食物連鎖により水銀などの重金属や環境ホルモン様物質が生態に濃縮する可能性が高いと考えられます

・胆汁酸
欧米食に伴い現代人は脂肪摂取量が過多だとされ、そのため脂肪分解のため胆汁酸分泌量が増加傾向にあるとされます。
胆汁酸は脂肪分解の役割を担う酵素の1つで、コレステロールを素にして肝臓で合成されたあと十二指腸に分泌されます。胆汁酸の約95%は腸管から体内に吸収され、これのことを腸管循環と呼びます。そして残り約5%が大腸へ移行し悪影響を与えると考えられています。また、過剰な胆汁酸が腸管から再吸収されても古い胆汁酸の働きは低下する一方で、新しい胆汁酸の合成が抑制されてしまいます。 これを改善するためには、過剰な肉食などによる脂肪摂取量の過剰を避け、腸内の古い胆汁酸を排出することが重要だと考えられています。

未来(整腸、栄養の吸収・生成向上)

重金属をはじめとする体内の老廃物の約75%は、便によって排泄されるといわれます。
ただし腸壁が荒れていると、有害なものを吸収しやすくなります。そして体の持つ本来の解毒・浄化作用を邪魔し、他の有害物質による悪影響を大きくしてしまいます。このような有害物質による悪循環の輪が形成されてしまうのです。
腸や各臓器に蓄積した有害物質や老廃物をクリアにすることは、人体にとって有益な栄養素の吸収性や体内生成能力を高めることに直結します。腸が正常に働くことで不必要な有害物質の吸収を抑え、体が本来持っている解毒能力の発揮にもつながります。

●有害物質がもたらす影響

肌の毒

カドミウム:肌のコラーゲン合成が阻害される可能性、貧血の原因
水銀:ヒアルロン酸を合成する酵素が阻害される可能性
ヒ素:皮膚が黒く色素沈着を起こす可能性

体の毒

鉛:疲労や頭痛、不眠などの原因
合成着色料(タール色素):発がん性や胎児への悪影響
合成甘味料:種類によって脳や肝臓に悪影響を与え、免疫力を低下させる可能性
合成保存料:発がん性、変異原生
腸内滞留物:スムーズな便通がない場合、腸内環境の悪化で悪玉菌によりインドールやスカトールなどの悪臭物質が発生する可能性

<体内に有害ミネラルが蓄積するとあらわれる症状>

疲れやすい・肌荒れ・アレルギー・むくみやすい・筋肉や関節の痛み・頭痛・頭が重い・イライラや集中力低下・目の疲れ・冷え性・肩こり・めまい・しびれ
水銀・鉛・ヒ素・カドミウムなどの多くの有害ミネラルは、必須ミネラルに対抗し代謝を阻害するとされます。また有害ミネラルは、酵素の合成や細胞の構築に不可欠なミネラルを追い出して遺伝子構造を変化させたり、遺伝子情報のコーディング過程を妨害して酵素の働きを阻害したりするともいわれます。これはあらゆる代謝機能を低下させることにつながります。極めて微量であっても免疫、細胞分裂、生殖機能、ホルモン分泌、神経系などに悪影響を与え、体本来の機能の邪魔をするとされるのです。

<なぜ重金属などの有害物質は蓄積される?>

生物にとって必要とされない重金属が生物内に入ると、代謝の経路が確立されていないため排出が困難になり体内に蓄積してしまいます。代謝がうまくできないので、体の各部位に留まり様々な悪影響を及ぼすとされます。

月間アーカイブ