TOPに戻る

国産のオーガニック化粧品・サプリメント・
オーガニック食品・オーガニックスイーツを
取り扱うアムリターラ公式サイト

ダマスクローズ精油について

イランのカシャーン地方のダマスクローズ デイクリーム、ナイトジェル、美容オイルに使われてるイランのダマスクローズの精油をご紹介したいと思います。
この精油はイランのカシャーン地方という場所で作られています。

アムリターラの化粧品を作っているハーバリストが世界中のローズの精油を試し、これまでに最も深い感動を覚えたという精油で、心底惚れ込んでいる香りです。
このローズオイルはこの地方でもさらに標高が高いところで栽培されたものです。

日本では湿度があるので難しいですが、ここは砂漠のような場所で(年間降水量が150mlほど)、気候がとても乾燥していているため、害虫、病気が発生しにくい環境です。
このため農薬を使わないダマスクローズの栽培が可能で、汚染のない豊富な地下水とローズだけという伝統的な方法で精油が作られています。

バラの季節は1年のうち1ヶ月だけですが、この時に作られた精油やローズウォーターはこの地方の宗教儀式などにも使われ、料理にも使うそうで、昔から人々の生活の中には、いつもバラがあるということです。
そのため、どこの家庭にも中庭にこのような簡易の蒸留装置があります。
水道はなく、家の下が水路になっていて、このように豊富な美しい湧き水が流れています。

通常のローズオイルは黄色ですが、この地域のローズオイルはグリーン色をしています。
私もこれまでいろんなローズの精油を見てきましたが、グリーンのローズ精油というのは初めて見ました。

カシャーン地方のバラのオイルがすべて緑色というわけではないそうで、この色をしているのは一番標高が高いこの周辺のバラの精油だけだそうです。
これはいろいろなハーブとの出会いで思うことですけれど、厳しい自然環境にあると、植物もそれに適応するために強くなり、エネルギーが高くなる傾向があると思います。
この精油の色といい、通常のローズとは違う、深みのある心に響くような香りといい、とてもフィトエナジーの高い、不思議なローズだと感じています。

蒸溜所

最新記事