TOPに戻る

国産のオーガニック化粧品・サプリメント・
オーガニック食品・オーガニックスイーツを
取り扱うアムリターラ公式サイト

モリンガシードオイルセラム開発秘話

モリンガシードオイルセラム昨年の3周年記念商品「モリンガシードオイルセラム」は大変な反響を頂いて、今年も限定で販売させていただくことになりました。
今回は、このモリンガの持つ素晴らしいパワーについてお話ししたいと思います。

モリンガは植物の中でおそらく世界一であろうという驚異的な栄養価があることで有名で、「The tree of life 生命の樹」という別名を持ちます。
東南アジアやアフリカなどの途上国で飢餓に苦しむ子供たちや授乳中の母親などが、このモリンガで救われることから、「世界を救う緑のミルク」とも呼ばれています。
さらに、モリンガの種子の粉末や根は、水の浄化を促進する働きがあり、環境分野においても注目されています。

 

モリンガの発祥の地は北インド。アーユルヴェーダでもモリンガは有益な植物とされ、使われています。それから何千年もの間に、モリンガは周辺の亜熱帯地方に広まり、アフリカ、インドネシア、フィリピンなどの国々まで伝わりました。モリンガは灼熱の熱帯、亜熱帯で、1年で4~5m以上も伸びていくエネルギーを持っています。

 

モリンガの葉モリンガの葉っぱには

  • たんぱく質 ⇒ 卵の2.4倍、牛乳の8.7倍、牛肉の1.6倍
  • カルシウム ⇒ 牛乳の21倍、しらす干しの5.3倍
  • 鉄分 ⇒ 牛レバーの2倍。
  • βカロチン ⇒ にんじんの2.2倍。
  • ビタミンA(レチノール) ⇒ うなぎの蒲焼と同程度、あなごの1.7倍。
  • ビタミンK ⇒ 納豆の8.7倍、ケールの24倍
  • ナイアシン ⇒ 鶏肉と同程度、いわしの1.2倍
  • 葉酸 ⇒ ケールの6倍
  • ビオチン ⇒ いわしの4倍、大豆の1.5倍、牛乳の1.6倍
  • ポリフェノール ⇒ 赤ワインの3.6倍
  • GABA ⇒ 発芽玄米の23倍

という驚異的な栄養価があることで知られています。

栄養成分の詳細についてはこちらをご覧ください

 

モリンガの種子オイルは、古代ローマ、ギリシャ、エジプト文明では肌の保護のために欠かせないオイルとして珍重されてきました。
人間の皮脂に多いオレイン酸が72.9%も含まれているため、とても肌馴染みがよく、スーッと浸透します。
そして抗酸化力の力価を測った試験では、驚異的な結果を出しています。

 

アムリターラでは無農薬・無肥料で栽培されている、フィリピンの農園のモリンガを使用しています。

 

2012年にフィリピン農業省認定のオーガニック認証である「eco Land」のオーガニック認定を得ています。 またこのモリンガ農園は現地の方と共同でフェアトレードで行っているというのも素敵ですね。

モリンガ農園とeco Land認証

 

このオイルセラムのためだけに、圧搾でモリンガの種子を搾って頂き、搾りたてのフレッシュなモリンガオイルを届けて頂いています。 このモリンガオイルをベースに、オーガニック&野生のパルマローザ油、サンダルウッド油、ローマカミツレ油を配合し、肌にハリを与えるすばらしい香りのモリンガシードオイルセラムが完成したのです。

 

お月様のラベルのデザインこの、ちょっと神秘的なお月様のラベルのデザインは、植物とは思えないほどすごい栄養価のモリンガは、本当は最初の1粒は神様が空から種を落としてくれたんじゃないかって思ったことがきっかけ。

是非このモリンガのパワーをお肌で実感してみてください。

最新記事