梅肉エキス発売
1日たった1gで、体が喜ぶ「梅肉エキス」を詳しくご紹介いたします。

梅肉エキスの原材料

梅肉エキスに使用するのは、完熟していない青梅。
生命力の強い青梅は、自身を守るための成分を含んでおり、そのままでは食べることができません。
青梅の果汁を8日間じっくりと煮詰めていくと、だんだんと成分が変化していき、貴重成分が生成されます。それは「ムメフラール」と呼ばれ、梅に豊富に含まれるクエン酸と糖の一種が、加熱することで結合してつくられる成分です。

梅の実

1kgの梅から、約20gしかとれない「ムメフラール」

長時間じっくりと梅果汁を煮つめる過程で出現するムメフラールは、
梅肉エキス特有の成分で、生梅や梅干しには含まれません。
1kgの梅からたったの20g程しかとれない貴重成分です。

梅果汁
梅の花

梅肉エキスの原材料

梅肉エキスに含まれるクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、カテキン酸、ピクリン酸などの有機酸はエキス全体の約50%以上を占めます。これは、クエン酸が豊富なことで有名なレモンの10倍以上となります。
クエン酸は、クエン酸サイクルと呼ばれる、人体におけるエネルギー生産に関わるシステムを機能させるのに重要な成分です。クエン酸サイクルがうまくまわらない場合、エネルギー不足からの疲労症状につながるとされます。
また、原料の在来種の梅のうち半分以上の割合を占める、鶯宿梅おうしゅくばいと呼ばれる梅の品種は、全体的な栄養価に優れています。

梅干し成分の全国標準値と、
鶯宿梅で作った梅干し(紅梅園の商品)の成分比較(100g当りの栄養素)

分析項目全国標準値(5訂版)紅梅園比較倍率
リン21.0mg34.90mg1.7倍
1.00mg9.88mg 9.9倍
亜鉛0.10mg0.32mg3.2倍
0.11mg0.17mg1.5倍
マンガン0.23mg0.44mg1.9倍
カリウム440mg313mg0.7倍
マグネシウム34.0mg51.8mg1.5倍
ビタミンB20.01mg0.05mg5倍
ビタミンE0.50mg2.7mg5.4倍
【(一財)日本食品分析センターにて分析・平成17年9月8日】

鹿児島県産 自然栽培梅肉エキスの
栄養成分分析結果(100g当りの栄養素)

分析項目自然栽培梅肉エキス全国標準値との
比較倍率
リン247mg11.8倍
8.41mg8.4倍
亜鉛1.95mg19.5倍
0.47mg4.3倍
マンガン0.61mg2.7倍
カリウム3130mg7.1倍
マグネシウム108mg3.2倍
ビタミンB20.07mg 7.0倍
ビタミンE10.0mg20倍
【(一財)日本食品分析センターにて分析・平成26年4月9日】

自然栽培・在来種の青梅を煮詰めた、50倍濃縮の梅肉エキス

鹿児島県大根占おおねじめの生産者が20年にわたって自然栽培をした在来種の梅を、専用の土鍋で約8日間じっくり煮詰めました。青梅の果汁を約50倍の濃縮エキスにした「梅肉エキス」は、梅のもつ生命力の塊のような食品です。

こんな方におすすめ!
梅肉エキス

お召し上がり方

白湯に溶かした梅肉エキス1日1gを目安にお飲みください。
スプーンなどですくってそのまま舐めても、水や白湯に溶かして飲んでも構いません。すっぱさが気になる方は、ハチミツと混ぜると飲みやすくなります。
※付属のスプーンで多めに1杯が約0.5gです。

どんな味?

アムリターラの梅肉エキスは「すっぱいだけ」の梅肉エキスではありません。
舐めたあとに広がる“甘み”こそ、本物の梅肉エキスの証。
複雑で濃厚。でもたった1舐めでなぜか元気になる。
それは、すっぱさの中に隠れた、身体がよろこぶ味なのです。

梅肉エキス15g600個限定

お試しサイズ(約15日分)鹿児島県産 自然栽培梅肉エキス15g 1,500円+税

詳しくはこちら
梅肉エキス50g10月1日まで5%OFF

通常サイズ(約50日分)鹿児島県産 自然栽培梅肉エキス50g 5,000円+税→ 4,750円+税

詳しくはこちら

使用している梅

アムリターラの梅肉エキスは、鹿児島大根占の生産者の方々が20年来にわたって自然栽培している鶯 宿 梅をはじめとした在来種の梅を使用しています。
生産者の方々の梅園は、梅の木の下に草花が生い茂り、野生に近い形で自然栽培されています。
エキスになる梅のうち、全体の半分以上が鶯 宿 梅と呼ばれる1,200年の伝統を誇る日本の古来種です。
現存する鶯 宿 梅の老木には、樹齢にして400年を超すものもあるといわれるほど生命力の強い品種ですが、他の品種の約半分程しか実がなりません。
その分、1粒1粒に滋養が凝縮されるとも考えられる、パワーのある梅を使用したエキスです。

鶯宿梅の老木

梅肉エキスの作り方

梅肉エキスは、昔から伝承されてきた製法のまま、土鍋で1週間以上、焦げないように気をつけながら作業を続けるという“職人技”で仕上げられます。
まさに究極の手仕事によって、梅のもつパワーが最大限に引き出されているといって過言ではありません。

収穫

1個ずつ熟し具合を目視で確かめながら収穫した青梅を一晩アク抜きし、果肉を搾ります。

1日目

大鍋に搾りたての梅の青汁を入れます。

1〜2日目

色が少し変わり、灰汁が出てくるので、丁寧にとっていきます。

3〜4日目

青汁の色が黒くなり始めます。エキスの沸騰具合を注意して見ながら、火加減を調整していきます。灰汁は丁寧にとります。

4〜5日目

色はエキスの様に真っ黒になり、青汁も粘り気が出てきます。ここからは、弱火で沸騰するかしないかの状態を保ち、灰汁を丁寧にとりながら、煮詰めていきます。

5〜6日目

ここからは、経験と勘が頼りになります。
表面の泡の大きさや混ぜたときの感覚、しゃもじからエキスが落ちる様子を見ながら煮詰めていきます。
火加減もフ~ッと息を吹きかけたら消えそうなくらいの超弱火にして、焦げない様にゆっくりと混ぜながら、丁寧に煮詰めていきます。

6〜7日目

完成直前。常に鍋につきっきりの状態です。
泡が鍋全体から出ているか、混ぜたときの感覚、しゃもじからエキスがタラーっと落ちるか等を常に見て、すべてに納得のいく固さになったら完成です。
この仕上げの状態が一番難しく、これがエキスの出来栄え左右する重要な作業です。

完成完成

鍋を傾けてもこぼれず、表面の固さを見て、納得がいけば瓶詰めします。
製造をしている方は、完成した時には、本当にほっとし、うれしくなるそうです。

体験レポート

60日間飲み続けた感想をご紹介いたします!

お酒を飲む前に梅肉エキスを舐めると良い!との噂を耳にしました。
翌朝、いつもより元気な気が…。

1週目
3週目

昔から生理痛が酷く鎮痛剤が手放せなかった私。生理期間に梅肉エキスを飲むことを実践して1年。私の味方です。

みんなは長袖なのに、私は半袖!そういえば最近、手足が冷たくて眠れない…という日がなくなってきた気がします。

5週目
7週目

出張とイベントで疲れがたまる一週間。「美的水素」と梅肉エキスを両方とっていたら、毎朝、さわやか!

3日ほど忘れた日もありましたが、60日間梅肉エキスを飲み続けることができました。
生理期間だけでなく、お肌へも働きかける!
仕事が忙しい時期は睡眠時間が短くなり、外食も増えるので、
ゴワつき・くすみ・ニキビに悩まされるのに、60日間とても助かりました!
今まではレスキュー的にしか使用していなかったけれど、これからも毎日続けたいと思います。

自然栽培・在来種の青梅を煮詰めた、50倍濃縮の梅肉エキス

鹿児島県大根占の生産者が20年にわたって自然栽培をした在来種の梅を、専用の土鍋で約8日間じっくり煮詰めました。青梅の果汁を約50倍の濃縮エキスにした「梅肉エキス」は、梅のもつ生命力の塊のような食品です。

梅肉エキス
梅肉エキス15g600個限定

お試しサイズ(約15日分)鹿児島県産 自然栽培梅肉エキス15g 1,500円+税

詳しくはこちら
梅肉エキス50g10月1日まで5%OFF

通常サイズ(約50日分)鹿児島県産 自然栽培梅肉エキス50g 5,000円+税→ 4,750円+税

詳しくはこちら