TOPに戻る

国産のオーガニック化粧品・サプリメント・
オーガニック食品を取り扱う
アムリターラ公式サイト

HOME > 化粧品 > 雑貨(日用品) > シシフィーユ 生理用ナプキン

雑貨(日用品)

シシフィーユ 生理用ナプキン

シシフィーユ 生理用ナプキン

トップシートにフェアトレードのオーガニックコットンを使用した生理用ナプキン。高分子吸収剤の代わりに森林認証のある木材パルプを使っています。

TwitterでシェアFacebookでシェア

シシフィーユ 生理用ナプキンシシフィーユの生理用ナプキンは、肌にふれるトップシートに100%オーガニックコットンを使用しています。
ふくらみがあって肌ざわりが最高なタンザニア産のオーガニックコットンを採用しているので、ふわっとした優しい使い心地。このコットンは現地の女性の就労支援を行うフェアトレード品でもあります。
水分を吸収してジェル状に固める吸収性ポリマー(高分子吸収剤)を使用せず、代わりに森林認証を持つ木材パルプを使用しているのも心地いいです。
また、デリケートゾーンに使用するものなので、高い安全性が必要との考えから、生理用ナプキンとして繊維製品の安心安全の証しであるエコテックス規格100のクラス1認証を取得しています。これはエコテックスの中でも、最も厳しい基準なので、安心してご使用いただけます。
一般的な生理用品だとかぶれ、蒸れ、冷えを感じやすい方、布ナプキンに変えたいけど、ちょっとハードルが高いと感じている方、普段は布ナプキンだけど仕事中、旅行時などは使い捨てナプキンを使いたい方などにおススメな、とても優しいナプキンです。
「sisi FILLE」というブランド名はオーガニックコットンの産地であるタンザニアの「sisi=私たち」という言葉と、フランス語の「FILLE=少女」という言葉を組み合わせたもので、プリミティブな力強さとかわいらしさをあわせもった現代の女性をイメージしているそうです。
パッケージがおしゃれで、一見生理用品には見えないことも嬉しいポイント!香川県の工場で作られている日本製です。

オーガニックコットンや森林パルプを使用している優しいナプキンですが、機能性は、さすが日本製の優秀品質。
さまざまな技術が駆使され、漏れにくく、蒸れにくい構造をしています。


肌に優しいのに機能的、シシフィーユの6つのヒミツ

1.トップシートにオーガニックコットン100%

ふくらみがあって肌ざわりが最高なタンザニア産で、ふわっとした優しい使い心地。国際オーガニック繊維基準の「GOTS」に基づいた第三者機関の認証を取得しているオーガニックコットンです。
更に、インドとタンザニアで展開されている「bioReプロジェクト」から生まれたものを採用しています。「bioReプロジェクト」は1991年からタンザニアで始められ、単にオーガニックコットンを公正に買い取るだけでなく、この地域で暮らす人々が自立していくための様々な仕組み(女性の就労支援など)を構築している点が大きな特徴です。
日本では漂白して白いものでないと生理用ナプキンと名乗れない法律があるため、優しい酸素系漂白剤で漂白しています。

2.エアスルーフイルムでモレを防ぎ、ムレを軽減

ナプキンの下の背面の肌に直接ふれない部分には、水分は通さず微細な穴で空気だけは通すポリエチレン製のバックフイルムがあり、蒸れを軽減し、モレにくい構造になっています。

3.パルプ製の薄葉紙で経血を拡散

ティッシュペーパー状のパルプ製の薄葉紙が、パーッと分散させる「毛細管現象」を促しますので、吸収された経血を一か所にかたまらせることなく広げて吸収します。

4.吸収性ポリマー(高分子吸収剤)の代わりに森材パルプ

水分を吸収してジェル状に固める吸収性ポリマー(高分子吸収剤)を使用せず、代わりに持続可能な森林経営が行われている森林を第三者機関が認証する制度である森林認証のPEFCとSFIを持つ木材パルプを使用。このパルプがしっかり経血を吸収します。

5.モレ防止ガード

ナプキンの端を不織布がぐるりと囲んでいることで、端からのモレをしっかりガードしてくれています。

6.エンボスライン

熱圧着で作った溝によって経血の広がりを抑え、端からのモレを抑制しています。