TOPに戻る

国産のオーガニック化粧品、農薬不使用原料を使用した食品やサプリメントを取り扱う
アムリターラ公式サイト

HOME > フーズ&ドリンク > 米・雑穀 > 熊本 自然栽培 冨田榮一さんのお米

米・雑穀

熊本 自然栽培 冨田榮一さんのお米

熊本 自然栽培
冨田榮一さんのお米

川の最上流に位置しミネラル豊富な山の湧水だけが流れ込む、とても美しい棚田で栽培されたお米です。

※「未検査米」のため品種認定された銘柄米ではございません。ご了承ください。

TwitterでシェアFacebookでシェア

味のひとこと

口に運ぶのが思わずうれしくなるような味わいです。
きれいな水で育ったきれいなお米らしく、炊きあがりが非常につややかで、香りが立っています。

熊本県菊池市の八方ヶ岳に囲まれた標高250mの棚田で育った自然栽培の棚田米。
小木川の最上流に位置し、生活排水が入り込むことなく、ミネラル豊富な山の湧水だけが流れ込む、とても美しい棚田で出来るお米です。
山が育んだミネラル豊富な美しい水で育った棚田米は、格別のおいしさ。ぜひ味わってみて下さい。

小木川の最上流にある棚田

熊本県菊池市龍門の小木地区。八方ヶ岳に囲まれた、標高250mに冨田榮一さんの棚田があります。
八方ヶ岳は菊池市の北方、菊鹿町に跨る火山で、八方から眺めても一様な形であることから名づけられた山です。花崗岩と古琉球火山帯に属する安山岩が山を覆い、岩を滑るように清流が流れています。
冨田さんの棚田は、阿蘇溶岩を浸食した原生林の茂る菊池渓谷の源流、菊池川水系迫間川の更に上流である小木川の最上流にあります。小木川には、高城山から長い年月かけて湧き出た美しい湧水が流れていますが、田んぼにはこの水だけが流れ込みます。冨田さんの棚田の上には民家がなく、生活排水が一切入り込みません。
この小木地区も、田んぼに砂が混ざった独特の土壌で、水はけが良く、山が育んだミネラル豊富な湧水にも恵まれ、お米作りに適した土壌です。
「小さい頃から、うちで作ったおいしいお米を食べて育っとるけん、どこのお米を食べてもそんなうまいと思わん。」
冨田さんは、こう話してくれました。

自然栽培によって、さらなる味の高みへ

それから長い間、有機栽培をしていた冨田さん。今では肥料も使用しない自然栽培でお米を作っています。
元々土壌も良く、水もミネラル豊富なので、更においしいお米が育つと確信する冨田さんです。

ヒノヒカリ

「コシヒカリ」と「黄金晴」の交配によって生まれた水稲うるち米です。
子供である「ヒノヒカリ」は親譲りの食味や育てやすさ、収量を持ち合わせた光輝く品種となったのです。
やや小粒で、粒に厚みがあり全体的に丸みをおびたお米です。炊き上がりは、ふっくら艶があり、きらきらと輝いています。
ほど良い粘りとモチモチ感に加え、香りと甘味が調和した、バランスのとれたお米です。

※「未検査米」のため品種認定された銘柄米ではございません。

未検査米について