TOPに戻る

国産のオーガニック化粧品、農薬不使用原料を使用した食品やサプリメントを取り扱う
アムリターラ公式サイト

HOME > スキンケア > クレンジング・洗顔 > インディゴ バランシング ソープ > インディゴ バランシング ソープ 60g

インディゴ バランシング ソープ

インディゴ バランシング ソープ 60g
インディゴ バランシング ソープ 60g

インディゴ バランシング ソープ 60g

商品番号 csr299

朝用夜用オイリースキン ノーマルスキン

「日本の藍」にこだわり、徳島県で育った新鮮なタデ藍※1を使用した石鹸です。
なめらかな泡ですっきりと洗い上げ、ニキビを防ぎます※2
保湿成分として、オリーブオイル※3、ココナッツオイル※4、シアバター※5を配合。
洗い上がりはつっぱりにくく、うるおいを守ります。香りにもこだわり、やさしい香りの「真正ラベンダー※6」の精油を使用。顔・身体の両方にお使いいただけます。

※1アイエキス(保湿整肌成分)
※2洗浄によりニキビを防ぐ
※3オリーブ油(洗浄・保湿成分)
※4ヤシ油(洗浄・保湿成分)
※5シア脂(洗浄・保湿成分)
※6ラベンダー油(芳香成分)

天然由来成分のため、商品ごとに色あいが微妙に異なる場合がございます。ご了承下さいませ。

2,500円+税

[25ポイント進呈 ]

数量
入荷お知らせメール
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.0) 4.00

はなさん(2件) 購入者

40代/女性 投稿日:2020年07月19日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

まだ1週間ですが、マスクで悩んでいたほぼ今までできたことない頬の吹き出物がほとんどなくなりました。嬉しい限り。さっぱり感が大きいので、マスクの間は本当に頼りになりそうです。

「藍」について

人類最古の植物染料「藍」の歴史

インディゴ バランシング ソープ藍の歴史はとても古く、世界的には紀元前3000年頃の遺跡から藍染め染色槽跡が発見されています。
日本には、奈良時代に中国から朝鮮半島を経て伝来。日本において、現存する最も古い藍染めは正倉院に保存されています。その後、安土桃山時代〜江戸時代にかけて、庶民の暮らしに藍染めが深く浸透していきました。また、染めの原料としてだけでなく、肌に塗ったり、煎じて飲んだり、食べたりと人の暮らしに欠かせない大切な存在となりました。

「タデ藍」について

インディゴ バランシング ソープ藍の色素を含む植物は100種以上あり、世界中に分布しています。「インド藍」「琉球藍」などさまざまな種類がありますが、<インディゴ バランシング ソープ>で使用している藍は「タデ藍」です。「タデ藍」とは、タデ科イヌタデ属の一年草で、日本で最も親しまれている種類です。
白花あるいは赤花が咲く「小上粉(こじょうこ)」、「小千本(こせんぼん)」などの品種がありますが、<インディゴ バランシング ソープ>では「小千本」を使用。
畑に霜が降りなくなる春に種をまき、天候さえよければどんどん生長します。そして、真夏に生い茂る葉を収穫して染料に加工します。緑色の葉をちぎると、切り口が青色に変わります。

生命力の強い植物

藍は、生長スピードが速い上に、葉をちぎっても、そこから再び根を生やすほど生命力の強い植物です。その旺盛な生命力について、近年研究が進み、タデ藍の抽出物には「トリプタンスリン」やポリフェノールの「ケルセチン」を含むことが分かってきました。

徳島県で育ったタデ藍を使用

インディゴ バランシング ソープ徳島県は、国内最大の藍の生産地として知られています。藍づくりが盛んになった背景のひとつに「吉野川」があります。県内を東西に流れる吉野川は、「暴れ川」として知られ、台風などで氾濫するたびに肥沃な土を運んできました。そのため、連作が難しいと言われる藍を育て続けることができたのです。
徳島県では、葉・茎を粉末にした藍粉を食品やハーブティーにする利用法も開発されています。

3つのオーガニック植物オイルを配合(洗浄・保湿成分)

石鹸の性質は、石鹸のベース(石けん素地)となる油脂の種類によって異なりますが、 <インディゴ バランシング ソープ>は、オレイン酸を多く含むオリーブオイルを始めとした植物オイルを配合。必要な皮脂を洗い落としすぎず、しっとりとした洗い上がりです。

オリーブオイル(オリーブ油)

オリーブオイル(オリーブ油)ありのままの自然が保全されたスペインのスブベティカ国定公園内にある農園で栽培された有機エキストラバージンオリーブオイルです。人間の皮脂にも含まれている「オレイン酸」を多く含むため、肌なじみがよく、角質層へ浸透します。

ココナッツオイル(ヤシ油)

ココナッツオイル(ヤシ油)インド産のオーガニックココナッツバージンオイルです。母乳にも含まれる「ラウリン酸」を多く含み、肌をおだやかに整えます。また、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は分子が小さいため、肌の浸透にすぐれています。※角質層まで

シアバター(シア脂)

シアバター(シア脂)西アフリカ・ブルキナファソ産のオーガニックの未精製シアバターです。この地域では、昔から肌と髪を守る天然の植物性クリームとしてシアバターを使用してきました。未精製のシアバターのため、天然保湿成分や微量成分をそのまま含んでいるのが特徴です。フェアトレード原料を使用。

穏やかな「真正ラベンダー」の香り

インディゴ バランシング ソープ朝晩の洗顔タイムが心地よい時間になるように、「真正ラベンダー」の精油で香りづけしました。顔を洗うたび、穏やかでやさしい香りに包まれます。

素材の良さを活かす「コールドプロセス製法」を採用

インディゴ バランシング ソープ石鹸の製造方法は、「ホットプロセス製法(釜焚き製法)」と呼ばれる、90℃近い高温の状態で短時間に鹸化させる方法が一般的です。鹸化の温度が高いほど、鹸化反応の時間は短くなりますが、油脂が高温の影響を受ける場合もあります。
一方、<インディゴ バランシング ソープ>で採用している「コールドプロセス製法」は、50℃前後の温度で、時間をかけてじっくり熟成させる製法です。素材に必要最低限の熱だけ加えて作るので、素材に含まれる成分が壊れにくく、美容にうれしい成分を含む石鹸に仕上がります。

※コールドプロセス製法は溶けやすいので、ご使用後は石鹸の泡と水気をよく切って、水はけのよい場所に保管してください。

使用方法/使用上の注意/使用期限/全成分/成分一覧表

使用方法

お顔をぬるま湯等で濡らし、石鹸を水かお湯で濡らして、手のひらでよく泡立てて、泡でお顔を優しく包み込むように洗顔し、よく洗い流してください。

使用上の注意

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
お肌に合わないときは、ご使用をおやめください。天然成分を使用しているため、石鹸の香りや色が変化することがありますが、ご使用には問題ありません。

保存方法

直射日光、極端に高温または低温、多湿を避けて冷暗所で保存してください。ご使用後は石鹸の泡と水気をよく切って、水はけのよい場所に保管してください。

使用期限

製造日より3年。開封後はお早めにご使用ください。

全成分

オリーブ油、水、ヤシ油、水酸化Na、シア脂、ラベンダー油、アイエキス

成分一覧表

成分名原産地栽培、製造方法/有機認証由来/その他
オリーブ油スペインオーガニック/有機認証
徳島
ヤシ油インドオーガニック/有機認証
水酸化Na日本無機物
シア脂西アフリカオーガニック/有機認証
ラベンダー油フランスオーガニック/有機認証
アイエキス徳島減農薬(残留農薬検査クリア)

原材料一覧はこちら